イベント」カテゴリーアーカイブ

【イベントレポート】ロハスフェスタ万博Autumn 1st

ロハスフェスタ万博Autumn 1st

事後報告になってしまいましたが、11/1(金)~11/5(火)まで、万博記念公園東の広場で行われた「ロハスフェスタ万博Autumn」に出展しておりました。
普段、国内オクトーバーフェストでお取り扱い頂いているカーメリテン醸造所(Karmeliten Brauerei)のビールですが、今回初めて自社でイベントに出展・提供を行わせて頂きました。
今回、朝晩は冷え込んだものの、お天気に恵まれ、日中は日差しが強く暑いぐらいの良いビール日和となりました。

ロハスフェスタ万博Autumn 1st

バタバタしておりTwitterぐらいでしか告知できませんでしたが、沢山の方々にお越しいただき誠にありがとうございました。
自社出展が初めてなことに加え、関西方面でカーメリテンをこういったイベント事で提供することも初めてで、スタッフと一緒に考えながらの手探り状態での出展だったため、いくつか提供に際して至らない点もあったかと存じます。

ロハスフェスタ万博Autumn 1st

しかし飲んで頂いた方々からは「美味しい!」と、とても嬉しいお言葉を沢山頂き、輸入者冥利に尽きます。
特に樽ビールでは関西方面でお取り扱い頂く機会もほとんどなく、ほとんどのお客様に初めてお飲み頂いたと存じますが、
飲んで頂いた方々の中には何度もリピートして頂いたり、販売用ボトルも沢山購入頂いたり、1Lのマスジョッキもご購入頂けたりと、とても嬉しかったです。

途中からは代表である私もマスジョッキにビールを入れて、店頭で飲みながらお客様と乾杯や談笑をさせて頂き、私自身もとても楽しめました。
調子に乗って1日に3Lも飲んでしまって…翌日ぐったり、という失敗もしてしまうぐらい楽しかったです。

ロハスフェスタ万博Autumn 1st

関西・大阪、そして地元も地元、子供の頃からよく遊んでいた万博記念公園で、関西のイベントでは初、輸入しているカーメリテンの提供ができてよかったです。
もちろん日本全国各地どこででも飲んで頂きたいですが、このように地元を盛り上げる一助となれるように、これからも積極的に地元での事業活動も行っていきたいと思います。

ロハスフェスタ万博Autumn 1st

というわけで、ロハスフェスタ万博Autumn2nd開催が11/15(金)~11/17(日)、同じく「万博記念公園東の広場」で開催されます。
もちろんEin Bier, Bitte.も続けて出展致しますので、お近くの方は是非ご来場下さい。
ブースはF42「Ein Bier, Bitte.」です。
カーメリテンの樽ビールとボトルビール、そして専用グラスもご用意してお待ちしております。
ボトルビールはお持ち帰りも可能です。
ロハス会場での特別価格で販売しておりますので、飲み尽くし買い尽くして頂ければ幸いです。
初輸入、ロハス限定先行販売の「Biobier(ビオビア)」も販売しております。
会場で私とProst!しましょう^^

ロハスフェスタ万博Autumn 1st

ロハスフェスタへの入場料は、万博記念公園への入園料250円に別途350円がかかります。
マイカップ、マイ皿など、基本的にご自身の食器をお持ち頂きお使い頂く、ゴミを出さないエコなイベントとなっております。
それぞれお持ちでない方は会場で主催者が用意した食器類を+100円でお買い上げ・繰り返しお使い頂けます。
詳細は公式HPをご覧ください(http://event.lohasfesta.jp/

また、11/1~11/4に東京は都立青山公園にて行われたドイツフェスティバルでも、
Jena/ボーデンゼーさんのブースでカーメリテンのドゥンケルとドッペルボックを提供して頂いておりました。
飲んで頂いた方々にはお褒めの言葉も頂いたようで、非常に嬉しく思います。御礼申し上げます。

ロハスフェスタ万博Autumn 1st

皆様の「美味しい」が私の励みになります。
引き続き、ドイツで飲むそのままの新鮮なビールを、日本でお楽しみ頂けるよう尽力していきます!
どうぞ応援のほどよろしくお願い致します。

FOODEX2018の御礼

もう開催から1か月が経とうとしている…早い…というより僕の記事の更新が遅すぎるのですが…

遅くなりましたが、FOODEXへの出展、無事終了しました。当ブースへお越しいただいた方々には、深く御礼申し上げます。

FOODEX

出展してどうなることか…無為に終わるのでは…と思っていたのも杞憂、ポッと出の個人の小さなブースに結構な人にお越しいただき、肝心のカーメリテン(Karmeliten)醸造所のビールもおおむね好評を得まして、早速仕入れたい、まだ販売できないけど卸売りもしてほしい、というような声を多く頂戴し、とてもホッとしたというのが正直な感想です。

本開催2週間前になって、ビールが届かない…と焦ってましたが、2月最終月曜にドイツから飛び立ち、その週の金曜日にはなんとか通関切れてピックアップできたという…まさに奇跡でしたね。ご尽力頂いた輸送業者さんには感謝です。本当に名刺配りに行くだけになるところでした^^;

今回はカーメリテン醸造所のビールを6種類揃えました。下記写真の左より、ピルス(Pils)、ゴールド(Kloster Gold)、デュンケル(Kloster Dunkel)、ヴァイツェン(Kloster Weizen Hell)、ドッペルボック(Kloster Doppelbock)、カルメンティヌス=ヘラーヴァイツェンドッペルボック(Karmentinus = Heller Weizen Doppelbock)です。

FOODEX

詳しくは当HPのSHOPページにあります各種ビールの説明欄をお読み頂きたいのですが、 各種ビールを簡単に説明しますと、

ピルス…水のような喉越しにホップの苦み爽やか

ゴールド…モルトの甘みと香りが特徴的ないわゆるミュンヘナーへレスでエクスポートビア

デュンケル…麦芽をローストしたチョコレート感のあるマイルドなビール

ヴァイツェン…小麦を使ったフルーティーで爽やかなビール

ドッペルボック…濃色麦芽をふんだんに用いた香ばしく味もアルコール度数も強いビール

ヴァイツェンドッペルボック…フルーティーさに加えてリンゴのような酸味がありジューシー

という感じです。

ご試飲して頂いた方々の感想をお借り致しますと、どれも「美味しい」「飲みやすい」というお声をまず頂きました。そして「ドイツビールらしい」「何杯でも飲める」という感想もよく頂いております。この感想に私の飲んだ感想等を加えると、カーメリテン醸造所のビールは、水が違う、という特徴がよく表れています。水はカーメリテン醸造所の敷地内にある地下100mの井戸水を使用しています。醸造用の水を他から仕入れて使用している、というわけではないので、特によく水の特徴が出ており、それが各種ビールの飲みやすさに繋がっているのだと思います。

また、ドッペルボックはとても味がしっかりしており、その割に飲みやすいということで好評を得ておりましたし、ヴァイツェンドッペルボックは「面白い」というお声が多数でした。まずヴァイツェンのドッペルボックという作り方が珍しいですし、独特の酸味がより一層の爽やかさを引き出しています。「ホテルで提供されていても不思議ではない」というご感想も頂けたほどでした。

…と、クセで長々と書いてしまいましたが…

今までほとんど自分の舌だけを頼りに進めてきたこの事業ですが、FOODEXにて沢山の方々に共感を得て頂いたのが何よりの収穫であり、自信になりました。今後、より多くの人々にこの美味しいカーメリテン醸造所のビールを知って頂ける、飲んで頂けるように頑張ると同時に、日本で安定供給を図れるように日々精進していきたいと思いますので、今後ともEin Bier, Bitte.(アインビアビッテ)を何卒よろしくお願い申し上げます。

また、FOODEXでは沢山の方々にお助け頂きました。右隣のブースでスペインワイン「SOL Y LUNA(ソル・イ・ルナ)」を提供されていた紅大貿易さん、左隣のブースでミントとルイボスのハーブリキュールを提供しておられたビーエイチさん。私がほぼ1人でブースに立っていたため、にっちもさっちもいかない状況をお助け頂き本当に助かりました。そして正面で琉球ハブボールを提供されていた南都酒造所の方々、僕が1人で乗り切れたのもきっとハブボールで元気をもらったお陰だと思います。少し離れたところでしたが、銀河高原ビールさんにも、ブースにお越しいただき、とてもありがたい感想とお言葉を頂けて、感無量でした。

その他、当ブースにお越しいただいたビール業界の関係者の皆様、貴重なご意見とご指導・ご鞭撻、誠にありがとうございました。文面の関係でここでの個別への御礼ができず申し訳ございませんが、連絡できるところは改めて御礼させて頂きます。

今後、予定では5月下旬~6月には第1弾が日本に到着する予定です。先日、輸入酒類販売卸売業免許の申請もしてきましたので、数か月後には卸売りもできるようになりますので、小売店さん等はもう少しだけお待ちください!

そして、少し余ったカーメリテンの在庫は現在当HPのSHOPにて先行販売をしております!

日本では流通していない貴重なドイツビールです。是非お買い求めください><

よろしくお願いしますm(_ _)m

開業しました。

Ein Bier, Bitteロゴ

初めまして!輸入ビール販売のEin Bier, Bitte.(アインビアビッテ)の店主です。

このホームページの作成を含め、2017年秋頃から少しずつ開業に向けた準備をしていまして、とりあえず開業届を先日提出しましたので、こちらのブログも更新していこうと思い筆を執りました。

Ein Bier, Bitte.は、ドイツビールを中心に海外のビールを輸入、販売する事業体です。基本的には、まだ日本に流通していないもので、店主が実際に口にして美味しいと思ったビールを取り扱う予定です。

また、現時点(2018年1月現在)では「酒類通信販売小売業免許」の申請中であるため、許可が下りたとしても「一般の消費者の方々」及び「飲食店様」にしか販売をすることができません。が、今後取扱量が多く見込まれると判断した場合、速やかに卸売免許も取得するつもりでいてますので、酒類販売業者様も是非お問い合わせいただければと存じます。

堅苦しい話はここまでにして…

何故このような事業を始めるに至ったかというと、店主、元々ビールが好きだったのですが、いつからかドイツのビールが好きになり、好きが高じて新婚旅行もドイツに行き、沢山のビールを飲むことに…

そこで日本に流通していないビールも沢山飲んだのですが、美味しいものばかりで、

「こんな美味しいビールが日本国内で飲めないなんて…人生損よなぁ…」と。

「このビールの為だけに絶対またドイツ来るわ!」というものもあったり。

その時は事業を起こそうなんて考えもしなかったのですけど、年々「飲みたい…」という気持ちが抑えきれなくなり、

「じゃあ自分で輸入したらええやん!」

と思っていたところ、行きつけのビアレストランのオーナーに後押しされ、このように事業を始めるに至りました。

…ええ、単に自分が飲みたいだけです(キッパリ

今では他の国々のビールも日本のクラフトビールも好きでよく飲んでいますが、やはり自分が一番好きなドイツビールを基本線に輸入販売していきたいと思っています。

このブログでは、Ein Bier, Bitte.の事業情報の発信の他、ビールに関するニュースやうんちく(語れるほどでもないですが)、時には醸造所見学という名のただの旅行記、こんなビール飲んだよ~など、様々な事柄を発信していきます。なるべくこまめに更新していくつもりなので、どうぞご高覧のほどよろしくお願い致します。

で、早速、今予定しているのが、2018年3月6日(火)~9日(金)まで、幕張メッセで行われる、

FOODEX JAPAN 2018https://www.jma.or.jp/foodex/

という日本最大の食品見本市に出展し、試飲会を行う予定で事を進めております。

こちら、残念ながら飲食業関係者の方々しか入場できないという決まりになっております。飲食店関係者の方々には是非お越しいただき、試飲をして頂きたいと存じます。

関係者以外の方々は、今後当店から直接購入していただくか、お取り扱い頂ける飲食店様にてご賞味頂ければ幸いです。

また、もしFOODEXに参加したいと考えておられる飲食業関係者の方、いらっしゃいましたら、一度当店へご連絡頂ければと存じます(infoあっとeinbierbitte.net)。

一発目から長々となってしまいました。

まだ知らない美味しいビールをどんどん輸入していきますので、どうぞEin Bier, Bitte.をよろしくお願い致します。

Ein Bier, Bitte. 店主